困難を極める看護師の保活事情

看護師の保活は、誰もが困難を極めています。人材不足の影響もあり、何かと忙しい看護師にとって、子どものための保育園や幼稚園、こども園などを見つけることに四苦八苦するケースは多いものです。 現在の保育行政をめぐっては、極めて困難に直面しています。待機児童の問題もあり、保育園に入るにはさまざまな条件を満たしていなければいけません。

子どもを持つ看護師たちの間では、保活に向けての取り組みとしてネットワークや連携を密にしようという動きも見られます。 また、不定期なシフト勤務でありながら、残業も日常茶飯な看護師の世界では、子どもを長時間みてくれる保育園に入れることが大切です。

もし満足に預けられない場所に入れてしまうと、自らの勤務に多大な影響が及びます。 看護師の中には、妊娠がわかると同時に保活を始めるという人も少なくありません。より理想的な保育園に入園させるためには、ライバルよりも少しでも優位に保活を進める必要があります。

全国規模で保育園の不足が懸念されていますが、中でも特に都市エリアの状況は深刻です。都市部に住まいを持つ看護師の一部には、あえて地方への引っ越しを決断する人もいるほどです。

そうした現状を受け、近年では病院やクリニックなどの診療機関でも、子育て環境の充実に尽くす動きが出てきています。独自で院内保育園を運営する場所も徐々に増えてきているため、院内に保育園がある場所を優先的に検索してみるのも手です。

保育園不足の問題に巻き込まれないためには、出産前からどのように子育てと仕事を両立するかを考えておくことが大切です。いずれ子どもが欲しいと考えているのなら、早い内から看護師が子どもを預けるコツを押さえて、将来のために備えておきましょう。