子育てしやすい医療施設の探し方

育児に協力的な職場を探している看護師の数は年々増えています。育児をしながらしっかりとキャリアを形成したい場合は、多くの看護師ママが活躍している医療機関を見つけるといいでしょう。

特に、常勤スタッフとして一つの職場で働き続けたいのであれば、各医療機関の公式サイトやパンフレットなどに目を通して、在職中の看護師の育児休暇の取得率の高さや平均勤続年数などを調べる必要があります。

また、医療機関の中には小さな子どもがいる看護師に対して、体力面での負担が少ない職場に配置したり、一日の労働時間を短くしたりしてくれるところもあります。こうした内情については、病院の口コミなどを検索してみるといいでしょう。

さらに、子育て中の看護師への支援体制が整っている病院やクリニックについては、求職者向けのメディアで紹介されることもあるので、しっかり調べておきましょう。

もし興味のある医療機関を見つけた場合には、いくつかの職場と比較をしてみることが大事です。大規模な医療機関の中には、求職者の職場見学の受け入れをしたり、採用説明会を行ったりするところも少なくありません。色々な職場の特徴を知りたいのであれば、積極的にこうした機会を利用した方がベターです。

なお、育児休暇の取得ができる条件や、一回あたりの休暇の期間の長さについては、それぞれの医療機関の方針や職場の人員数などに左右されます。そのため、現場に人員がどのくらいいるのか、休暇を取得した実績が本当にあるのかを見学時や面接時に聞いて、ハッキリさせておく必要があります。